水のトラブルを防いで便利な生活

水のトラブルといっても詰まりや漏れが一番多いでしょう。トイレは陶器でできていますので本体やタンクの損傷の水漏れもあります。取り付けた床の接点からにじみ出でてくることもあります。いろんな部分からの漏れなどトラブルの多い場所でもあります。

■ 詰まりは大変

トイレのトラブルで多いのが詰まりです。例えば、トイレットペーパーをたくさん流したり溶けない紙を流してしまったりしたことなどです。また、紙以外のものをうっかりと落として流すことも原因の一つにあります。
水を流すと普段と違った音がする、逆流してくるなどはこれらが原因の詰まりによるものが多いです。異音がする場合はその音がどこから出ているものか注意して探ってみましょう。場所によってはすぐに使用を止めた方がいいかもしれません。そのまま流したりすると水があふれかえってくることもあります。自分でできる対処としたら、流れにくいときは高い位置から水圧をかけるようにバケツの水を便器に注いでみたりお湯を流したりすることです。軽い詰まりなら直ることもあります。後はラバーカップなども試すといいでしょう。

■水をまず止める

トイレは便器とタンクとに分かれています。そのため使われている部品も多く、その分漏れなどが起こることも多いかもしれません。部品の継ぎ目から漏れてる場合などは自分で交換することも可能です。
タンクの水が常に流れている、便器の水がずっと止まらないなどは何かのゆるみでしょうから、応急手当として止水栓をまず止めておく方がいいです。タンクの中の事ならふたを開けれる場合は開けて一度水を流してどんなになるかを確かめるのもいいです。ほっておくと水道代がかさみますのでしばらくは止めておきます。

■まとめ
トイレは紙などを流すため詰まりが原因の水のトラブルは多いかもしれません。普段よりそういうことが無いよう、紙を流す量などを考えこまめに流すことがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ