キッチンで多い水のトラブルとは

家の中で一番長い時間水を使う場所といえばキッチンではないでしょうか。食事の支度だけでなくのどが渇いたり、水を使う作業などをする場合キッチンでする人も多いでしょう。キッチンで多いトラブルはどんなものがあるのでしょうか。

■キッチンで多いトラブル

水のトラブルで一番多いのは蛇口の問題でしょう。栓を開け閉めする回数は家の水回りでも一番多いくらいでしょう。開け閉めだけでは傷むことはありませんが、ゆるみというのが出てきます。
次に多いのは排水溝の詰まりによる水漏れです。食物を切った時に出る野菜くずやレトルトなど食べ物を入れてあった包みの切れ端を流してしまう事もあります。お箸など細かな食器類を落としてしまうこともあります。油分のあるものを流すこともありますから、排水管にへばりついたりして水の流れが悪くなります。


■ゆるみは多い

対処はどうしたらいいでしょう。水道栓のゆるみなら自分でも部品を交換して直すこともできます。栓の大きさをはかって水道部品を探して買えばいいのですが、慣れないことですからお店の人や詳しい人に部品の説明を聞くのがいいでしょう。油分のこびりつきなどは洗浄剤などで取れることもあります。
きつくて危険な成分が入っているため、試す場合は使い方をきちんと守りましょう。有毒ガスが発生して健康を損ねる場合も出てきます。異物を落とした場合は自分で取れそうな気もしますが、排水台下につながってあるゴムの部分などが傷つきやすいので無理に引っ張り出したりはしない方がいいでしょう。

■まとめ
生活の中心ともなる場所でもあり食事をつくることに使われる作業場ですので、水のトラブルが起きると大変です。ふだんからよく見ている水回りの場所のはずですからトラブルが起きやすい前兆も目につきやすいです。流れが悪くなった、排水台の下で音がするなどしたら早めに対処しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ