ふだん使わない所の水のトラブルには注意

水を使う場所は外にもあります。いつも使う場所とは限りません。めったに使わない水回りもあります。そういう場所は使わないために知らない間に起こる水のトラブルがあります。

■洗面所と外の水場では

洗面所は風呂場やキッチンのように広い部分ではないため気になる水のトラブルが起こりそうなところといえば、水道の蛇口と排水台下にある排水管でしょう。
コンタクトや化粧品類をつけたり、花瓶の水を取り替えたり雑用的なことをしますから、異物を流してしまうことは多いかもしれません。排水口は小さいものですので、細かな目の排水金網などをつけておくと詰まりを防げることができます。

■雨風で風化する

外にある水道栓などは中にある水栓よりも傷みやすいでしょう。めったに使わない場合はさびなどで水栓が動きにくくなって、無理やり動かしたら蛇口が緩くなって水が漏れだしたりします。ふだんから時々使用して動かしやすい状態にしておきます。雨や風があまりかからないようにしておくと安心です。冬場は水道管がむき出しになっていると、凍結などで管がわれたりする原因で水漏れが起こったりします。暖かくなって凍結が溶けたころに症状がでるので注意が要ります。
排水口なども土や葉でふさがれたり異物が流されたりして詰まることがありますので、土などがたまらないように使わないときは排水口にふたをしておきます。最近はあまり見ませんが、井戸などはくみ上げポンプですのでふだんから時々必要がない時でも使ってみて、さびないようナイロンなどで覆っておきましょう。

■まとめ
いざ使うときに水のトラブルがあったのでは、用事ができなくなってしまいます。キッチンや風呂場のようにふだんからよく使うところ以外の場所は、ほこりなど溜まらないようにふたをしておいたりカバーなどをしておきましょう。使わなくても時折水を流してみたり、汚れやさびなどがひどくないかを点検するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ