水のトラブルは生活の中でつきもの

水のトラブルは生活の中でつきもの 生活をしていると水を使う場面は多いです。一日の中でいろんな場所で水を使っています。目的も様々で水のない生活なんてありえません。水を頻繁に使用する場所や設備も生活の中にいくつかあります。設備でも使用する回数や古さによっては水のトラブルがでてくるのは仕方がない事です。場所によってはトラブルの原因も違いますが、簡単なものから手に負えないものまでいろいろです。対処の仕方も違いますし簡単な部品交換なら自分でもできますのでやれそうな対処の仕方は覚えておいても損はありません。本などで調べて解決方法を学んでおくと便利です。経験したことや簡単な対処法は覚えておきましょう。

■まずは症状を確認

水のトラブルを解決するためには、まずどんな症状かを確認します。水が漏れている、聞いたことがない音がしている、水があふれだした、詰まっているなど症状を確認します。
症状にもいろいろあるでしょうが、ふだんしないような音や、場所によっては臭いや湿気などが出てくることもあります。木の床や壁などに結露や水漏れらしき跡があるなどは何らかのトラブルが考えられます。部屋全体がひんやりと湿気を含んだ空気になった感じがする、などで気がつくこともあります。

■水漏れの原因とは
もし疑わしいなと思う症状があれば、水のトラブルかもしれないので原因を探してみましょう。蛇口のところをのぞいてみる、がくがくと揺れて外れかけたところがある、水栓を何度かひねって緩さを確かめる、音がしているのはどのあたりか近づいてみるなど行動してみましょう。詰まりや水があふれるのは排水管のどこかかが不具合を起こしているかもしれませんが、長い管ですので確かめられないときはわかる範囲まで異物などの詰まりがないか確かめておきます。流した異物が分かっている場合は修理業者に伝えます。
気温の変化や何か変わったこともないのに、水回りの近くで湿気を変に含んだ空気があるときなどは調べようがないのですが、念のために業者に伝えるようにします。水は形がないのでどこにトラブルが出てくるかわかりません。隅々までよく観察して確かめましょう。

■自分で解決できる水漏れとは

水のトラブルだと確信したら解決するにはどうすればいいか対処を考えましょう。自分でできることはした方がお金もかかりませんからお得です。部品交換や水圧不足などによる流れの悪さなどは対処できるでしょう。トイレや浴槽などの説明書に水のトラブルがあった時の対処法など書いてあるものもあるかもしれません。
詰まりを解消するための排水管に流すタイプの溶剤や、長い針金棒状の詰まり解消グッズなどはホームセンターに売っています。自分の使っている水回りに合わせて用意して試してみるのもいいです。ただどうしてもこれは無理だと思えばやめましょう。下手に素人判断でやってしまうと原因が違っていたり、管や部品を壊してしまうこともあります。余計にトラブルを広げてしまうことになりかねません。全く対処した経験のない人は簡単な対処の仕方を修理業者の人に聞いておいてもいいかもしれません。

■まとめ
自分でできないことは水道業者にまかせるのがいいです。やはりしっかりと検査をしてくれて経験のあるお店で見てもらうほうが確実です。あわてることなく、必要に応じて柔軟に対処しましょう。給湯器や水道管交換工事まで幅広くいろんな場面に対応している会社もあります。トイレ、浴槽など本体が壊れていて水のトラブルを引き起こしている場合があります。その場合はトイレ本体、浴槽本体をリフォームという形で直した方が良い時も出てきます。先々水のトラブルがあちこちと出てきそうな場合もあります。古さゆえに水のトラブルが出るかもと思うときも、リフォームという形ですっきりとさせた方が後々楽かもしれません。いずれにしろしっかりとした検査を業者にやってもらうのがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース